笑顔がふっと戻る☆人生や自分に自信が持てない時に見たい田中里奈ちゃんの言葉

参照:tanakaofficial

こんにちは。

昨日の夜、ふと思い立って前髪を切ってみたNaoです。

髪をほんのちょっと変えるだけで、気分がなんとなく変わるのが不思議ですよね。

切ったのは3cmだけど、髪の重さをなくしたことでココロまで軽くなるような。

そんな感じがします。

さて、今日は自分や人生になんだか自信が持てない。。

そう感じた時にふんわり励まして、忘れかけてた笑顔を取り戻させてくれるメッセージをご紹介したいと思います。

凹んだ時なんかに、自分を癒しながら上げる方法をいくつか持っておくと助かりますよね。^^



わたしが自信や元気がない時、何かについて迷っている時、スランプに陥っている時に見ちゃうのがモデル 田中里奈ちゃんの言葉。

彼女の言葉は病んでいる時のお粥の様で、シンプルなんだけど今必要なものをしっかり含んでいて、全身にスーッと行き渡り染み込んでいく感じ。

状況を冷静に見て、優しく愛を持って発せられている言葉の様な気がして。

その言葉に触れた人たちの深い所がじんわり癒されていくような感じがします。

今日はそんな田中里奈ちゃんの言葉をご紹介します。

仕事やプライベート、子育てなど、女性の方は「しっかりしなきゃ」って頑張ってる方も多いと思います。

気づいたら最近、息してないかも(呼吸が浅いかも)!?って人も多いんじゃないでしょうか?

そんな時にふと立ち止まって見たいのがこの言葉。

肩に力が入ってるとカラダもアタマも硬くなっちゃうし、時々、この言葉を見てリラックスすることの大切さを思い出したいもの。

沢山の人と情報があふれる中で、だんだん自分の考えや「好き」が分からなくなってしまうことも多いですよね。

自分の意見よりも、みんなの意見。

自分の「いいな」よりも、みんなの「いいね」。

自分よりも周りがベースになってしまうと自分の気持ちが分からなくなってしまうし、だから迷うのかもしれない。

迷った時こそ、自分としっかり向かい合いたいもの。

大事な一度きりの自分の人生。与えられた時間。

自分にしか生きれない時間を大切に大切に生きたいですね。

View this post on Instagram

小さな頃は、石とか星の砂とか、私だけの宝物を必死でかき集めてたな〜。  もう最近ほんと変化の時らしく、少し前の自分が大事にしていたはずの優先順位ですら少しずつ変わってきちゃって。それにずっと戸惑いを隠せなかったけど、一方でそれを受け入れる準備ができてきてる自分もいることに気が付いてしまった😌  繰り返さなきゃ分からないから繰り返してみたり、試行錯誤してあがいてみたり。 だからと言ってそれが無駄かというとそうではなくて、全ての経験が血となり肉となり、今のわたしを作ってるのかと思うと愛おしかったりするのよね。  人はこうやって大人になっていくんだな〜って、自分のことながら客観的に思いますわ。 どうか素敵に歳を重ねていってほしいものです。 いつもありがとう!

A post shared by 田中里奈/Rina Tanaka (@tanakaofficial) on

View this post on Instagram

春分の日も迎えて、気分も一気に春めいてきたね🌸 ここ数日は私の中で大きな変化の時期みたいで、ふいにハッとさせられる言葉を言われたり、新しい出会いがあったり、新しいことが始まったり… 自分が変化していくことを受け入れざるを得ない状況に置かれています。もうあとは自分が決断するのみって感じ。どきどき。  最近よく〝変わりたいけど変われない〟というもやもやする病を疾患されている方からの相談をリアルな友達やSNSでも受けるのですが(春だからかな😌)、こういう『何か変えたいけど変えられない』とか、『このままでいいのかな』とか、『何も不自由ない気がするけどなんだかしっくりこない』とか、もやもやする時期って誰もがあるんだよねきっと。  もちろん私ももやもやします。 そして、変わることへ前向きな私でも、やっぱり何かを変えるのって怖いなって思う部分はあるよ。現に今怖いし。 けどね、もやもや病って、頭で考えても絶対に解決できなくて、もう行動することしかそれを振り切る道ってないんです。 誰かに代わりに背負ってもらうこともできないし、誰かのを背負うこともできない。結局自分自身でしか解決できなくて。 それはやっぱり、行動するしかない。 よくある言葉を借りちゃうけど、ほんの少しの勇気だと思うんです。 新しいことをすることは脳にいい刺激があるって言うし、脳トレだと思って気軽にやってみたらいいんじゃないかな🐣気楽にね。 脳トレ脳トレ!ほーらだんだん平気になってきた〜…なんつって。  自分の中に感じた違和感をそのままにするのか、それともやってみて新しい自分に出会うのか。 たとえ失敗したとしても、やってみたことを自分で褒めてあげたらいいし、そこで見えたものってきっと、いつもの繰り返しの日々に比べるととても尊いものだと思うよ。  4月になると年度の切り替え、心も行動も前向きに切り替えて、皆さまが更に充実した一年を過ごせますように❤️  ちなみに写真は #美びんご女子旅 で、夕陽を背にOPPO @oppojapan のポートレートモードで撮ったお気に入りの一枚✨ ほんとスマホには見えないよね〜! 無料レンタルキャンペーンもやってるみたいだから気になってる方は是非💓 以上、愛を込めて #たなか相談室 でした〜(ごめん、あんまり続ける気ない。。けどたまに思ったこと言うね🤗)  #OPPO #OPPOR11s #OPPOカメラフォン #写メラマン #たなか旅メモ

A post shared by 田中里奈/Rina Tanaka (@tanakaofficial) on

毎日、色んな事が変わって、戸惑ったり、もがいたり、あがいたりすることもあるけど、それも私。

ココロの変化を丁寧に見て、自分をより理解してあげて、自分の全てを愛してあげたら、きっと物事は良い方向に進む。

だから、大丈夫。

そんな風に思える自分に近づけてくれるのが、この言葉。

View this post on Instagram

#旅する氷結 の撮影でのロンドンでのワンカット🇬🇧  私田中里奈、先月から【DRESS @project_dress 】さんにて、生き方や考え方連載を月一でさせてもらってます! 第1回目は「整理整頓」の春🌸 手放すと新しいものが入ってくるよっていうお話。 昨日アップされた第2回目は「行きたい理由」だけを大切にして、旅も人生もかろやかにするといいことがあるよっていうお話をしてます☺️ リンクはインスタのトップページに貼ったからそこから読んでみてね❤️  新生活のスタート。 少しの違和感をそのままにせず、今はいらないかなと感じたら、この機会に思いきって手放して、かろやかな自分にこんちには〜  ここで発信した言葉たちが、直接的には役立たないかもしれないけど、どこかで誰かが決断する時や迷った時に、そっと背中を押してくれたらいいな^_^ #たなか旅メモ #london #ロンドン

A post shared by 田中里奈/Rina Tanaka (@tanakaofficial) on

違和感って「気のせい」とか「そんなハズない」とか(頭の声の方が大きくなって)無視されがちだけど、自分を知る上ではとっても大事なことかもしれない。

違和感を感じたものを手放すことで、今の自分に必要な何かが必ず入ってくるし、自分だけのそういった感覚をもっともっと大事にしてあげたい。

「好きな場所、好きなひと、好きなこと」

「自分の好きな場所は~」とか、思い浮かべるだけで自然と笑顔になれますよね?

好きなものやヒトに意識をむけると心が温かくなりますし、前向きなものに意識がいっているので、悩みの存在を遠くに感じるようになります。

気づいたら(あれ?悩んでたことって何だったっけ?)みたいなことになることも!

意識して自分がいい気分になれるものに目を向けるようにしたいですね。

View this post on Instagram

大掃除してたら、数年前に書いた手書きの原稿が出てきた!!(多分merの連載ページ。5年前とか???) 何年経っても基本的な部分は何も変わってないなぁ😌😌😌 全く記憶にない過去の自分が書いた言葉にハッとさせられることってあるよね。日々学び🙏 ・ 7の〝いいものに積極的にふれる〟のところ(4枚目)、最後に『旅とかいいよね〜』って書いてあるけど、今いっぱい行ってるよー!って過去の自分に言ってあげたい☺️ どんな自分になるかはたぶん自分次第。 どんな気持ちで過ごすかも自分で決めれるんだから、どうせだったらご機嫌に生きていたいな💓

A post shared by 田中里奈/Rina Tanaka (@tanakaofficial) on

どんな自分になるかを決めるのは自分。

忘れがちだけどとっても大事なこのことを、落ち込んだ時こそ思い出したい。

View this post on Instagram

【長文】手放すことに関する田中的見解☝︎  読モを始めてから10年以上。 マジェやmer、そして今回はイズシーの卒業を経て思うことは、『 手放す = マイナス 』みたいなイメージがある人が意外と多いのかな?ということ。  そもそも手放すことは私にとって、季節がめぐるぐらい自然なこと。 もちろん卒業という響きで少し寂しい気持ちにはなるけれど、周りからの反応をよそに、私は意外とあっけらかんとしています。 だって私にとっては当たり前のことだからね🙋🏻‍♀️  断捨離っていうと、いらないものをポイっとするだけのイメージがあるかもしれない。 私の場合はいらないものを捨てるっていうより、必要じゃなくなったものを感謝の気持ちをこめて手放すっていうニュアンスかなぁ。 子供の時に好きだったくまのぬいぐるみも、大きくなると必要ないし、だったら別の子供に愛された方がそのくまも幸せかなと^ ^ 大好きだったからこそ、一番いいタイミングで手放す。 情だけでだらだらと手元に置いておくほど中途半端なことってないと思うのよ。 愛があるからこそ、手放すんだよー!  ‪心にもやもやを抱えながら、ここには居場所があって居心地がいいから。この人たちが好きだから。そんな理由で惰性で同じ場所に居続けるのも好きじゃない。‬ 少しでも心に違和感を感じたら、その時点で多分もう違うんじゃないかなぁ。 いろんな理由をこしらえてそこに長く居続けることはできるけど、それってただの延命処置。自分で自分を説得してるだけにすぎないよね。 ちなみに手放すか迷ってる時は、好きなものを、好きでいられるタイミングで手放すのがオススメ。もはや嫌いになってきてたらもうアウト。←  手放すことを重大な事件でもなく、生きていく中で当たり前のこととして受け入れると、もう少しナチュラルに変化が楽しめるんじゃないかなぁ。 そして経験者は語るじゃないけれど、手放すと、その時の自分に見合った新しい何かが必ず入ってくるよ。 だからそれにわくわくしながら、感謝の気持ちを込めて手放せばいい。   まー何が言いたいのかというと、手放すことは一大事でもなんでもなく本当に自然なことなんだよ〜ということです。 なんか最近思ったことをこうやってメモしてるんだけど、それが意外なところから反響がめちゃあってそれが面白くもあったりします。笑 長々と徒然なるままに書いちゃいましたが。 言葉って必要な時に必要な人に届くものだと思うから、もし何かに迷ってる人が前に進む後押しになるといいな!  それでは今日も皆様がステキな一日を過ごせますように💛  #写真はいつかのニュージーランド #たなか旅メモ #NZ

A post shared by 田中里奈/Rina Tanaka (@tanakaofficial) on

大好きだったからこそ、一番いいタイミングで手放す。・・好きなものを、好きでいられるタイミングで手放す

好きなものをまだ好きである時に手放すって勇気がいるけど、確かに少しでも自分の心に違和感を感じたら、その時点で多分もう違うのかもしれない。

情や惰性でだらだら引きずるのは、もしかすると依存やエゴかもしれないし。



手放すとその時の自分に見合った新しい何かが必ず入ってくるっていうのも分かるし、実際そんなケースも沢山見てきた。

ワクワクしながら感謝の気持ちを込めて手放したら、きっとその後に来るものが何であれ良き方向に行くんだろうな♡

これがいい、にこだわりすぎると、心もきゅーっと囚われて前に進めなくなる時がある。

本当にそう思う。

昔、イスラエル人の友達が「例えば、女性も『強い』は良いことかも知れないけど、『強すぎる』ってのは問題」って言っていたのを思い出した。

“過ぎる”って”過ち”って書くけど、やっぱり何事も過ぎると逆効果になってしまうんだね。

自分の「好き」を知りつつ、与えられたものの中に好きな点を見出して楽しめたら素敵だな。

まとめ

ココロの必要な所にスーッと入っていき、じわじわ元気にしてくれるりなちゃんの言葉。

今日は元気ないかも。。

そんな時にも見返したいと思う☆

<スポンサードリンク>