栄養満点◎酵素たっぷり健康食品「パパイヤ」の食べ方&料理レシピ

こんにちは。フルーツ大好きのNaoです。

甘くて美味しく栄養たっぷりのフルーツですが、その中でも栄養バランスがとっても優れているのがパパイヤ。

別名「マンジュマイ(万寿瓜)」とも呼ばれていて、長生きできるかもしれない栄養成分がたっぷり。

栄養はざっとみてもこの通り。

パパイヤに含まれる栄養
・酵素:タンパク質分解酵素が食べ物の消化を助けて代謝を高める
・カロテノイド:活性酸素を抑えて生活習慣病を予防。皮膚や粘膜の細胞を正常に保ったり免疫力を高める働きがある。
・ビタミンC:コラーゲンの生成を高め、老化やがんの原因とも言われている活性酸素から守る
・カリウム:余分な塩分を排泄し血圧のバランスをとる。高血圧を予防し運動による筋肉の痙攣などを防ぐ。
・ポリフェノール:赤ワインの約7.5倍ものポリフェノールを含み、血をサラサラにするので心筋梗塞、糖尿病や生活習慣病などの予防に◎

そしてこの中でも特によく知られているのは酵素ではないでしょうか。

パパイヤに含まれる酵素はパパインと呼ばれていてタンパク質や脂肪、糖質を分解してくれます。これにより代謝が高まるのでダイエットにも良いのかも♪

酵素はとりわけ青パパイヤに多く、サラダや炒め物として肉料理と一緒に頂くと良し。パパイヤの皮に肉を漬け込むと肉が柔らかくなるのでさらに美味しく頂けますよ(^^)

パパイヤの食べ方は?

パパイヤと聞くと真っ先に浮かんでくるのがジュースやスムージーではないでしょうか?

実はパパイヤはこれ以外にもこんな食べ方があります。

・ジュース
・スムージー
・そのまま生で
・ドライフルーツ
・サラダ
・漬物
・お茶

色々な食べ方ができてとっても魅力的ですね。

想像しただけでも美味しそう!

パパイヤ料理のおすすめレシピ

ここでは栄養満点でヘルシーなタイ料理として有名な青パパイヤのサラダの作り方をご紹介します。

(材料)4~5名分
・青パパイヤ 200g
・インゲン 4本
・プチトマト 6個
・にんにく 2片
・生唐辛子 少々
★ナンプラー 大さじ2
★ココナッツシュガー(なければ砂糖) 大さじ2
★レモン汁 大さじ2
・ピーナッツ 大さじ2
・干しエビ 大さじ3
+すり鉢
+すり棒

(作り方)
1.インゲンのへたをとって2㎝に切る。プチトマトは1/4に切る。
2.青パパイヤの皮をピーラーで剥き、スライサーで細長く削ぐ
3.すり鉢に皮を剥いたニンニクと唐辛子を入れて繊維がほぐれる程度につぶす
4.3に干しエビを入れて軽くたたき、いんげんを入れてエビの味をしみ込ませるようにつぶす
5.★の調味料をいれて、下に溜まった汁をスプーンでかけながら具材にしっかり馴染ませるようにして叩き混ぜる
6.青パパイヤを入れてさらに混ぜる
7.プチトマトとピーナッツを入れて、軽くたたき混ぜてできあがり

青パパイヤはどこで買う?値段は?

栄養満点で健康と美容に最高の青パパイヤですがスーパーや八百屋でみかけることは珍しいですよね。

わたしの場合、近くのお店で見つけられない時は沖縄産の青パパイヤを通販で購入してました。

値段は送料を入れて2500円くらいと高めですが、こんなに美味しくて栄養のあるものを家族みんなで美味しく頂けると考えたら実はコスパはいい方なのかもしれません。( 外食でタイ料理屋に行って注文すると1~2人前で1500円くらいしますからね。 (^^;))

青パパイヤを求めて外に出て探して買ってくる手間も省けますし、口コミから美味しいパパイヤだってことも分かるのでいいですよね。

妊娠中は食べても大丈夫?

わたしも青パパイヤが大好きですが妊娠中は食べて良いのか気になって調べてみました。

調べてみたところ、南国フルーツの1つであるパパイヤは体を冷やすそうで、妊娠中の妊婦さんは避けた方が良いようです。

まとめ

パパイヤは美味しいし、栄養満点ですし、健康や美容、ダイエットにもいいし最高ですね。

パパイヤサラダは色々な旨味が混ざりパクパク食べることができますし、肉料理との食べ合わせの相性も抜群なのでぜひおかずに食べてみて下さい(^^)

<スポンサードリンク>